• ホーム
  • 肌コレってなに?
  • 新着日記一覧・検索
  • 肌の再生医療について
  • 治療の効果
  • FAQ
培養皮ふ治療(皮ふの再生医療)は、ご自身の細胞(肌細胞)を増やして若返る

培養皮ふ治療とは、加齢や紫外線などによってダメージを受けた皮ふ(お肌)を根本 治療する「再生医療」のことです。美容目的や、大やけどの治療などに用いられています。
ご自身の肌の中にある細胞(肌細胞)を増やすことで、皮ふ(お肌)を再生させる治療法です。
・若返り(目の下のくまやほうれい線などの改善)と
・抗老化(若返った肌の老化を遅らせる)の2つの効果が期待できます。

若いお肌と老化したお肌の違い
若いお肌と老化したお肌の比較

肌の真皮層に存在する肌細胞が活発に働き、美肌の3大要素と言われる「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」を生成。

肌細胞は年齢とともに働きが衰え、美肌の3大要素の生成量が減り、しわたるみ、くまなどが現れます。

培養皮ふ治療(皮ふの再生医療)の治療イメージ
若返りのイメージ

加齢により衰えてしまったお肌へ、増殖させたご自身の肌細胞を注入によって移植します。
注入した細胞は、約1ヵ月ほどでお肌に定着し、若い頃と同じように働き始め、お肌が再生します。

登録無料 新規登録 登録せずに日記を見てみる